社会の余白を再考する

本展は、異なるメディア領域で活動する作家を中心に「現実に反虚構な領域=空間を生み出すこと」を目的に構成しています。展示を作り上げるコレクティブなチームの同時代性と「インターネッ ト」を中心的なキーワードとし、90年代生まれの作家たちにとっての「インターネット」から連想される創造のための余白を作り出します。作家及び文化=創造への尊敬と愉しみにも触れながら、現実でも仮想現実でもない「反虚構」を生み出す挑戦を通して、「創造」という意味が歪曲・消費 される現代社会へ一石を投じます。